見るまえに跳べ

小説を書くのが好きな人間としては、そっちは文芸評論家が仕事をしてくれていたらと思うこともたびたびなのだが、自分の関心領野なら自分の足で歩くべきなのも一片の真理だろう。たとえそれが孤独な道行きだったとしても。 構造主義に対するポスト構造主義の関係がそうであるように、近代に対するポストモダンの関係は補完…